ペイントホームズ
名古屋西店

外壁や屋根塗装の前に行う高圧洗浄の特徴と種類

外壁や屋根に付着したコケ・カビ・藻・チョーキングなどの汚れは、高圧洗浄で綺麗に洗い流せます。水圧が高いので、こびり付いた頑固な汚れも取ってくれます。洗浄は、飛散防止のため、足場を組んで、飛散防止ネットをして洗浄します。これを怠ると、近隣の家に飛散する可能性があり、トラブルの原因になります。

また、足場を組むことで、足元が安定し、安全で丁寧な洗浄を行うことができます。洗浄を行うときは、水の侵入を防ぐために、窓や玄関、換気扇などの小さな隙間を埋めるために養生をします。そうすることで、劣化の原因である雨漏りを防ぐことになります。

高圧洗浄は水圧が100~150圧で、万が一、人体に当たってしまうと、大けがに繋がります。外壁の洗浄をご自身でしようと思われている方もいるでしょう。しかし、素人の高圧洗浄はとても危険です。必ず、専門のお店にお願いしましょう。

高圧洗浄には大きく分かれて3種類になります。

【ストレート噴射】

洗浄面がより広範囲で、外壁の洗浄に向いています。広範囲での洗浄が可能ですが、飛散に注意が必要です。

【トルネード噴射】

先端が回転しており、ストレート噴射より強い洗浄力を持っています。汚れの激しい箇所などに向いています。外壁と屋根の洗浄時に使用します。威力が強いので、洗浄面以外に誤って噴射した場合、破損したり、人体への損傷に繋がるため慎重に取り扱う必要があります。

【バイオ洗浄】

バイオ液を使用し、頑固な汚れを洗い流してくれます。洗浄後も汚れが付きにくい特徴を持っています。しかし、単価が高く、コスト面を気にされる方は、おすすめしません。