ペイントホームズ
名古屋西店

「塗装の必要性」についてお話します。

塗装をする2つのメリット

1つ目は「美観」です。

築年数が10年以上経つと、紫外線や雨風によりコケや藻、色褪せが目立ち始めます。

外壁は1番最初に目につくものです。いつまでも綺麗なお家で過ごしたいものですよね。

また、今までと違った色を選んだり、塗り分けをしてアクセントを入れたり、デザインを大きく変えることができるのも、メリットの1つです。ガラッと変わった外壁を見れば、まるで新築かのような気分を味わうことができます。

2つ目は「外壁の保護」です。

外壁や屋根は紫外線や雨風に晒されていると、劣化が進み、傷んでしまいます。

そのままにしておくと傷んでしまったところから雨水が侵入し、雨漏れの原因になったり、ひび割れの原因になってしまいます。

そういったことを防ぐために塗装が必要になります。塗料には塗膜というものがあり、外壁や屋根を保護する力があります。そのため、定期的に塗装をすることをおすすめします。

では、どのタイミングで塗り替えを行えばいいのでしょうか。

一般的には、築年数が10~15年経ったときだと言われています。しかし、10年経過すると色褪せやチョーキング現象がみられることが多いため、劣化を少しでも遅らせたい場合は7~10年ごとに塗装するのがベストです。