ペイントホームズ
名古屋西店

防水工事についてお話します。

ご自宅のベランダや屋上の防水がどのような種類の防水で施工されているかご存じですか?

今回は、一般的な防水工事の種類をお伝えします。

大きく分けると、「塗る防水」と「貼る防水」が存在します。

●塗る防水について

塗る防水には、主に2種類あります。「ウレタン防水」と「FRP防水」です。

これは、一般的な住宅のベランダやバルコニー防水に使用されます。では、2つの防水はどう違うのでしょうか?

「ウレタン防水」

液体状のウレタン樹脂を塗り重ね、厚みを出し、水の侵入を防ぐことのできる防水になります。主にベランダやバルコニーの防水に使用されます。液体状の防水材のため複雑な形状の場所を塗装する時におすすめの施工方法です。

「FRP防水」

液体状のポリエステル樹脂に硬化剤を混ぜて補強材であるガラス繊維を組み合わせたものになります。強度があり、耐久性・防水性に優れています。こちらもベランダやバルコニー防水に使用されます。ただ、あまり伸縮性がないため、広い面積の施工には不向きです。

「塗る防水」として、多く使用される2つの防水をお伝えしました。ご自身のご自宅に合う防水はどちらでしたか?

次回は、「貼る防水」についてお話しようと思います。