ペイントホームズ
名古屋西店

外壁塗装の工事保証と製品保証の違いと注意点

外壁塗装の保証内容についてお話します。

外壁塗装や屋根塗装をした時に必ず保証がつきます。保証とは、塗装をしてすぐに塗料が剥がれたり、補修箇所が見つかったりした場合につくものになります。

しかし、劣化が激しい箇所については保証が付けられない場合もあります。

保証には、「工事保証」「製品保証」の2つに大きく分かれます。

「工事保証」とは、施工不良などで起こった塗料の剥がれ膨れに対して、塗装工事を行った業者がその保証をするという内容です。

「製品保証」とは、塗料自体が不良品だった場合に塗料メーカーが塗料を保証するという内容です。ここで注意が必要なのは、「製品保証」は、塗料代の保証のみということです。なので、塗料に問題があり、塗膜が剥がれてしまっても、その補修工事代は含まれていません。

メーカーは戸建ての保証はほとんどしないため、「工事保証」のみ出すところが多いです。

基本的に保証は、自然災害や経年劣化などは対象外です。また、優良塗装店であれば、保証期間は1年から出しているところが多く、最長でも10年になります。例えば、「保証30年付けます!」などの長期保証を謳っている業者には気を付けましょう。