ペイントホームズ
名古屋西店

外壁塗装業者を選ぶ基準について

外壁・屋根塗装業者の選び方についてご紹介します。

塗装業者は大きく分かれて2つです。「自社職人塗装」もしくは「下請け業者塗装」です。

「自社職人塗装」は、塗装についての専門知識が充実しており、自社の職人なので、間に業者が入りません。そのため、工事代金が比較的に安く済みます。

「下請け業者塗装」は、ハウスメーカーや訪問販売業者などが行っていることが多いです。下請け業者に任せているところが多いため、施工品質に違いがでる可能性があります。しかし、ブランド力と保証の充実があり、安心感はあります。

「自社職人塗装」なのか「下請け業者塗装」なのかは、お店によって違います。一見自社職人の方がよさそうに見えますが、中には、悪徳業者も含まれます。

例えば、「見積書の内訳を詳しく記載していない」場合、工事内容がどこまで含まれているのか分からないので、工事中に追加が発生し、思いもよらない追加料金がかかる可能性があります。工事内容が詳しく記載されていない時は、必ず担当者に確認しましょう。

他にも、「契約を急かす業者」や「前金を求める業者」には注意が必要です。検討する期間をしっかり設けてくれる業者や工事内容を詳しく説明してくれる業者などを基準に業者選びを行いましょう。