ペイントホームズ
名古屋西店

塗替えスパンは10年に1度と言われている理由とは

塗装の塗替えスパンは10年1度と言われています。その理由は主に2つあります。

(建物の素材や環境によって異なります)

①住宅メーカーが10年点検を実施していることが多い

長期優良住宅は、定期点検や調査、修繕が義務付けられています。常に紫外線、雨風に晒されている建物は基本的に10年前後で劣化が始まります。そのため、住宅メーカーが10年点検を実施し、修繕箇所がないか、塗装が必要かどうかなどを点検します。

②塗装業者が出す保証期間が平均10年であることが多い

塗料の種類によって耐用年数は違いますが、基本的に10年前後で保証を出している塗装業者が多いです。塗装は10年前後で防水性、汚染性などの低下が始まります。

主にこの2つが「10年に1度」と言われている理由です。では、10年以上経つとどのような症状が現れるのでしょうか?

●カビや藻などの汚れの発生

日当たりがあまりよくない場所によく見られます。新築時は汚れても雨水などで洗い流されていた汚れも、長期間経つとその機能を低下させます。

●色褪せ

日当たりのいい場所は特に注意が必要です。また、白系の外壁色と比べ、黒系や原色(黄色・青・赤など)の外壁色は色褪せが目立ちやすい色になります。

●ひび割れ

外壁や屋根に小さなひび割れが発生します。主に地震などの揺れ、乾燥などが原因です。ひび割れが小さいうちに補修するのがベストです。

このように塗装の時期を逃すと、たくさんの劣化症状が始まります。できるだけ長く、綺麗な状態で建物を守るために定期的な塗装を行うことをおすすめします。