ペイントホームズ
名古屋西店

外壁や屋根、軒天の雨漏り診断は、どうやってするの?

雨漏りが発生する箇所は、軒天、天井、壁です。軒天はベランダやバルコニーの防水層が劣化して、そこから水が侵入し、雨漏りが発生しています。天井は、屋根の塗膜の剥がれや瓦のズレで発生します。壁は外壁のひび割れから雨漏りが発生します。雨漏りを防ぐには、塗装や補修工事が必要です。

実際に雨漏りが発生してからでは、塗装のみでは修復が不可能なことが多いです。雨漏りは屋根や壁から侵入した水が少しずつ溜まり、それが、天井のシミや壁からの雨漏りに繋がっています。

屋根の雨漏り対策は、塗装と瓦であれば、瓦の交換やズレの補修です。外壁の雨漏り対策は、塗装とシーリング工事です。窓枠やひび割れにはシーリングが必須です。軒天の雨漏り対策は、ベランダやバルコニーの防水工事です。劣化状態や形状によって、防水方法が変わります。

雨漏りが発生する前に、雨漏り対策をしっかりしましょう。雨漏りが心配な方は、無料で劣化診断をお出ししているので、お気軽にお問合せください。