ペイントホームズ
名古屋西店

外壁塗装や屋根塗装の時に必要な足場の役割について教えます!

本日は足場の役割についてお話します。

足場とは、工事現場などで高所の作業をする際に、足元を安定させるためにパイプや鉄板などを建物の周りに組んで、安全に作業するものです。

外壁塗装や屋根塗装をするときは、必ず足場を組みます。塗装の時の足場の役割は安全性を高めるためだけではありません。

塗装には工程があり、その中に高圧洗浄が含まれます。高圧洗浄は、水圧が強いので外壁に付いた汚れや古い塗膜を綺麗に洗い流してくれますが、強い分、周りに飛散する可能性が高いです。そのため飛散防止ネットを高圧洗浄をする前に付ける必要があります。飛散防止ネットは足場に結んで付けるものなので、足場がないとネットを付けることができません。

他にも、足場を組むことで効率的で高品質の塗装ができます。足場があると、高いところでも綺麗に塗装することができますし、足元が安定しているので、効率的に作業を進められます。また、建物の周りにスペースができるため、作業に必要なものを置いたりすることもできます。

足場にはこのようにいろんな役割を持っているので、満足のいく塗装をするために、足場の組立ては必要です。