ペイントホームズ
名古屋西店

外壁塗装:溶剤塗料(油性塗料)と水性塗料おすすめはどっち?

溶剤塗料(油性塗料)と水性塗料の違いはご存じですか?

溶剤塗料とは、有機溶剤を主成分とした塗料で、その特徴はシンナーの強い臭いです。臭いが強いため室内塗装には向いていません。逆に外壁や屋根を塗装する時は溶剤塗料を使用することが多いです。理由は、耐久性の高さ、下地との密着性、汚れの付きにくさなどが挙げられます。「強溶剤塗料」と「弱溶剤塗料」の2つがあり、一般的なご自宅には「弱溶剤塗料」を使用することが多いです。

水性塗料とは、水を主成分とした塗料です。溶剤が含まれていないため、シンナー臭はありません。環境に優しく、溶剤中毒の心配もなく安心です。水を含んだ塗料なので、乾燥に時間がかかりますが、しっかり乾燥させれば密着性に問題はありません。耐久性は塗料の種類にもよりますが、溶剤塗料より劣る場合があります。

どちらがおすすめなの?と思う方もいるでしょう。それは、お客様が外壁塗装をするときに重要視するものによって変わってきます。また、建物を実際に見なければ、分からない部分はたくさんあるので、塗装を検討中の方はいつでもご連絡ください。