ペイントホームズ
名古屋西店

人気のある金属系サイディングの塗装で重要なケレン作業と錆止めの重要性

最近では、金属系でできたお家が人気になってきています。金属系の外壁はスタイリッシュでお洒落な外観が特徴です。しかし、金属系は他の外壁材より劣化のスピードが少し早いです。

今回はそういった外壁材の塗装の工程についてお伝えします。

①高圧洗浄

これはどの外壁材でも必要な工程です。表面のコケやカビを綺麗に洗い流します。

②ケレン作業(①にする場合もあります)

サビや古くなった塗膜を綺麗に削り落とす目的があります。また、表面に小さな傷を入れることで、下地と下塗り材の密着性を高める効果もあります。

③錆止め塗料の塗布

これは、錆止め塗料は下塗り材として使用します。金属系の塗装は必ず錆止め塗料が必要です。錆止め塗料にも種類があるので、建物の状態や塗装箇所によって使い分けます。

④中塗り・上塗り

中塗り塗料と上塗り塗料は基本的同じ塗料を使用します。1番の理由は耐久性を高めることです。紫外線から守ったり汚れにくい効果が塗料には含まれます。その効果を最大限に引き出すために同じ塗料を使用します。

以上が金属系でできた外壁を塗装する工程です。

金属系外壁の塗装工程は、素材の特性や状態によって異なります。専門業者との相談や専門的な知識が必要な場合がありますので、信頼できる塗装業者と連携して工程を進めることが重要です。