ペイントホームズ
名古屋西店

外壁塗料の種類にある1液型塗料と2液型塗料の違いってなに?

外壁塗料にある「1液型塗料」と「2液型塗料」の違いは知っていますか?

1液型塗料とは、塗料と希釈剤を混ぜて使います。塗料の中にあらかじめ硬化剤が含まれています。2液型塗料より金額が安く、硬化剤を混ぜる工程がないので、作業の手間が省けます。ただ、2液型塗料より耐久性が劣ってしまうのがデメリットです。

2液型塗料とは、塗料と希釈剤のほかに硬化剤を混ぜて使用します。1液型塗料と違い、塗料の中に硬化剤が入っていないので、そのまま塗っても塗料は固まりません。硬化剤を混ぜる手間は増えますが、耐久性や密着性が高いため、メンテナンスの回数を減らしたい方にはおすすめです。

また、どちらも希釈剤を混ぜなければいけません。希釈剤とは、水性塗料であれば「水」、溶剤塗料であれば「シンナー」にあたります。

耐久性が高いのは、溶剤塗料の2液型塗料と言われていますが、近年では、高品質の塗料がたくさん発売されてきています。水性塗料でも1液型塗料でも耐久性に優れた塗料は多くあるので、必ずしも溶剤2液型塗料がいいというわけではありません。外壁の種類や建物の状態によっておすすめは変わります。